激安中古ノートパソコンの選び方、通販販売ショップの利用

激安 中古ノートパソコン販売Navi > マシンスペックの選定 > ポインティングデバイス (Pointing Device)について

マシンスペックの選定

ポインティングデバイス (Pointing Device)について

スポンサーリンク
ノートパソコンには、マウス代わりとなる「ポインティング・デバイス」が標準で搭載されています。

「ポインティングデバイス(Pointing Device)」とは、コンピュータの画面上での入力位置や座標を指定する入力装置のひとつで、おもに画面上に表示されるポインタやアイコンを操作するために用いられます。


このポインティングデバイスにも種類はいろいろとあり、目的・用途・使用環境等に応じて複数の種類や構造のものが存在します。

○ジョイスティック
○ポインティング・スティック(トラックポイント)
○タッチパッド
○タッチパネル、スタイラスペン
○データグローブ
○トラックボール
○ペンタブレット
○マウス
○ライトペン
○ジョイパッド
○キーボード


ポインティングデバイスの代表的な機器もしくは装置としては、マウスやタッチパッド、ポインティング・スティックが挙げられます。ここでは、タッチパッドとポインティング・スティックについて説明します。


まず、タッチパッド(TouchPad)は、平板状のセンサーを指でなぞってマウスポインタの操作をするポインティングデバイスの一種です。メーカーによりスライドパッド、トラックパッドなどとも呼ばれています。

タッチパッド、スライドパッド、トラックパッド

他のポインティングデバイスに比べて「設置面積が小さい」「腱鞘炎などになりにくい」「メンテナンスがほとんど要らない」などの利点があります。欠点としては、ちょっと触っただけでもすぐ反応してしまうのでパソコン誤操作が多くなることでしょうか。

 

そしてポインティング・スティック(Pointing Stick)は、これもノートパソコンに採用されているポインティングデバイスの一種。IBMのThinkPad、東芝のDynabookなどで使われています。

ポインティング・スティック

ポインティング・スティックの形状は、短い棒状のボタン(写真の赤い部分)。キーボード、またはパームレストのそれぞれ中央部分に設置されていて、これを指で力を加えることにより画面上のマウスポインタを操作します。

ポインティング・スティックの利点として、タイピング時のホームポジションを崩さずにポインタ操作と文字入力とを行うことができることです。しかし、マウスやタッチパッドに比べて曲線を描くような細かいポインタの移動は困難で、手書きによる入力など、複雑な操作は苦手というデメリットがあります。

スティックの傾き具合で移動速度を調整できますが、慣れないと難しく感じます。マウス操作に慣れたばかり人にとってはひとつの壁になるでしょう。

 

ノートパソコンを買うときは、「タッチパッドと、ポインティング・スティックのどちらが自分に合っているのか」を検討するようにしてください。また、店頭で購入する場合には、クリックボタンの押し具合も確認すると良いです。




中古パソコン販売店セレクション
デジタルドラゴン 1位  デジタルドラゴン
業界初!永久動作保証をはじめとする7つの安心サポート
で、中古パソコン初心者にも最適なショップ「デジタルドラゴン」
用途別に購入プランを・・・
詳細はこちら  このショップに行く
イオシス 2位  イオシス
「けっこう安い」を合言葉?に、低価格の新品パソコン・
状態の良い中古パソコンを販売しているショップ「イオシス」
期間限定セールやユーモアあふれる・・・
詳細はこちら  このショップに行く
USED-PC 3位  USED-PC
パソコン買取から法人向け販売、他店にはない豊富な
オプションサービスで中古パソコンに関するあらゆる
ニーズに応えたショップ「USED-PC」
予算や用途別に選びやすく・・・
このショップに行く